高度計算機はHPCテックにお任せください。

03-5643-2681
お問い合わせ
English

製品ラインナップ

高性能パラレルファイルシステム

BeeGFS / BeeOND

BeeGFS / BeeOND

 

 

BeeGFS

BeeGFS は小規模の計算環境から大規模の計算環境までハードウェアに依存しない高性能パラレルファイルシステムです。必要なレベルまで容量とパフォーマンスを簡単に向上させることができるよう設計されているため、性能とパフォーマンスを求められる環境には最適です。

ワークロードの種類によっては粒度の細かい大量のファイル I/O を効率的に処理する必要があります。いわゆるスパコンのように高価な Burst Buffer を導入すれば解決できますがコストは大幅に増大します。より廉価な解決策としてノード毎にスクラッチを持たせるのも良い方法ですが、ノードをまたいだジョブの場合には不便です。そこで各ノードに SSD を搭載し、合わせて BeeOND を使うことでこの問題の解決します。

Luster よりもコストが掛からずインストールが楽で、Windows クライアントのサポートもあります。
HPCテックではお客様の要望に沿う BeeGFS サーバシステムをご提案させていただきますのでお気軽にご相談ください。

 

 

 

BeeGFS アーキテキクチャ

Client Service
Storage Service
Metadata Service

 

 

 

BeeGFS の主な特徴

Distributed File Contents and Metadata
 ・BeeGFS の基本コンセプトは、アーキテクチャのボトルネックを回避することです。
 ・複数のストレージサーバ間でファイルを分散させ、メタデータを複数のメタデータサーバに
  格納します。
 ・BeeGFS のこのコンセプトは大規模システムやメタデータ集約型アプリケーションで大きな恩恵を
  得ることができます。

High-Performance Computing
 ・ファイルシステムノードに HPC では一般的な Infiniband を使用する事でより高速なアクセスを
  実現しています。
 ・Infiniband と Ethernet 接続を同時に利用していて、どちらかに障害が発生した場合に自動的に
  冗長接続パスに切り替わります。

Easy To Use
 ・BeeGFS のサーバに使用するサーバコンポーネントはユーザスペースデーモンです。
 ・BeeGFS のクライアントはパッチレスカーネルモジュールの追加で、必要に応じて上記サーバと
  共にいつでも簡単に追加できます。

Optimized For Highly Concurrent Access
 ・一般的な共有ファイルシステムである NFS と違い、I/O 負荷が高い状況でも堅牢性と
  パフォーマンスを実現するよう設計されています。

Clients and Servers On Any Machine
 ・BeeGFS は特定の OS や専用のファイルシステムパーティションを必要としません。
  xfs、ext4、もしくは zfs でフォーマットされた既存のパーティションを使用します。
 ・大規模システムの場合、構成の異なる複数の BeeGFS ファイルシステムパーティションを
  作成できます。

 

 

 

エントリーレベルとハイエンドレベルの最大スループット比較例

 

 

 

 

ストレージサーバの台数に応じて性能が伸びる

 

 

 

 

BeeGFS vs Luster

 

BeeGFS vs Lustre
Support Ubuntu on Servers OS依存 Support fewer Linux Distribution
簡単 構 築 難しい
依存なし カーネル依存 カーネルの変更が必要

1ノードからOK

(小規模システム向けに計算ノードをストレージサーバとして設定することが可能)

ノード数 4ノード以上
(Metadata用サーバ 2台 +
Dataストレージ 2台)
Yes Storage Pool No
OK Mirroring NG

 

 

 

BeeOND - BeeGFS On Demand

BeeOND はジョブに割り当てたノード上にジョブ内からのみアクセス可能な BeeGFS 領域を動的に生成します。この領域をグローバルスクラッチとして扱うことで、大量のファイル I/O を効率的に処理する事を可能とします。

 

 

BeeOND 特徴

 ▶ 並列ファイルシステムインスタンスをその場で作成
 ▶ 簡単な起動/停止コマンド
 ▶ 用途:クラウドコンピューティング、テスト環境、クラスタ計算ノード等
 ▶ Jobスクリプトに記述しスケジュールによる作成が可能(例:Univa Grid Engine)
 ▶ 一般的な使用例:計算ノードの ローカルディスクを利用したスクラッチ領域
   ・ジョブ実行中の計算ノードがアクセス可能なスクラッチ領域を拡大
   ・グローバルストレージの利用
   ・性能の出にくい I/O パターンを高速化

 

 

 

グラフィカルな監視ツール

 

 

 

 

BeeGFS - Bright Cluster Manager

 

Link:Bright Cluster Manager

 

 

 

BeeGFS Documentation

 

Link:https://www.beegfs.io/wiki/TableOfContents

 

 

 

BeeGFS カタログ

 

BeeGFS カタログ PDF 版

 

 

 

 

 

弊社では、科学技術計算や解析などの各種アプリケーションについて動作検証を行い、
すべてのセットアップをおこなっております。

お客様が必要とされる環境にあわせた最適なシステム構成をご提案いたします。

各種カスタマイズ・詳細なお見積はこちらからお問い合わせください。