高度計算機はHPCテックにお任せください。

03-5643-2681
お問い合わせ
English

製品ラインナップ

Intel Optane SSD DC P4800X Series

インテル Optane SSD DC P4800X Series

インテル Optane SSD DC P4800X Series

 

インテル Optane SSD DC P4800X シリーズは、高負荷ワークロード時のストレージ処理が必要なクライアント・システム向けに低レイテンシーと高耐久性、高度なランダムリード / ライト処理で性能向上を実現します。

 

 

 

データセンターの作業データに対応

Intel Optane SSD DC P4800X の独自のアーキテクチャーにより、NAND ベースの SSD と比較してより高速で一貫した画期的な性能が実現されます。NAND ベースのドライブは一般に読み出しは高速ですが、書き込みに時間がかかり高頻度運用のストレス下では書き込み時間がさらに長くなります。これに対して Intel Optane SSD DC P4800X は、バイトレベルまたはページレベルで書き込みを実行して、より高速で予測可能なパフォーマンスを実現するように設計されているため、読み出し性能と書き込み性能のバランスがよく、ガベージ・コレクションの必要もありません。

 

 

3D XPoint

NAND より高速なメモリー技術 3D XPoint を採用した新次元の性能と耐久性を備えた SSD です。従来の SSD では技術的に対応が難しかった書き込み性能と耐久性能(書き込み上限回数)を大幅に強化し、大容量データの繰り返し書き込み処理で高いパフォーマンスを発揮します。また SSD 導入の障害となっていた耐久性能(書き込み最大回数)も従来品をはるかに超える高い水準を実現し、書き込み処理が多い用途でも活用することが可能になりました。

 下記のような SSD をお求めなら インテル Optane SSD DC P4800X シリーズをお勧めします。
  ●停電時のデータ保護機能
  ●高耐性テクノロジ・書き込み上限数、よりいっそうの信頼性
  ●大容量が必要

 

 

インテル メモリー・ドライブ・テクノロジー(IMDT)

インテル メモリー・ドライブ・テクノロジーは、大容量かつ低コストのメモリー・ソリューションを提供します。

  ●システムから透過的なメモリ領域として使用可能
  ●データが搭載メモリを越えて増大する中、大容量 DIMM を低コストかつ同等の性能で
   置き換えが可能

  ●ストレージクラスメモリーとしてすぐに活用可能
   ・ソフトウェアの変更不要 - 既存の OS、アプリケーションをそのまま使用可能
   ・ハードウェアの変更不要 – OS 起動前に BIOS / UEFI からロードされる

 

 

   Case 1

    DRAM の限界を超えるメモリを提供
    大規模なデータプールでより高度な分析を実現

 

   Case 2

    DRAM の一部を安価な SSD で代替
    大容量 DRAM を減らして初期投資を削減

 

 

ドライブの書き込みスループットに左右されることなく、安定した読み出し応答時間を維持

下記グラフは、現世代の Intel 3D NAND SSD と比較して Intel Optane DC SSD のレイテンシーがいかに低いかを示しています。特にランダム書き込み操作の増加の圧力下でその差は顕著で、NAND ベースの SSD とは異なり Intel Optane DC SSD はすべての書き込み要求に対して常に低レイテンシーを維持しています。

 

 

 

Benchmark

 

   ベンチマーク方法

  ・Intel Math Kernel Library を活用した行列積計算。
  ・DRAM(ネイティブ)のみの構成と Intel Optane SSD + Intel Memory Drive Technology 構成の
   比較。

 

   テストサーバ仕様

  ・HPCT W225gs(ベースモデル)
  ・Intel Xeon Scalable Processor Platinum 8270 x2
  ・DDR4-2933 8GB x12, DDR4-2933 64GB x12
  ・Intel Optane SSD P4800X 375GB x2
  ・IMDT(Intel Memory Drive Technology)
  ・CentOS 7.3

 

 

 

   テストメモリ構成

   Native :DDR4-2933  64GB x12               Total   768GB
   IMDT-A:DDR4-2933   8GB x12 + IMDT   Total   736GB
   IMDT-B:DDR4-2933  64GB x12 + IMDT  Total 1,408GB

 

Intel MDT Setup Guide より

 

 

   結果

 

今回は、3つのパターンでテストを行い、各ベンチマークの違いを比較しました。
Native では、計測可能な全ての footprint で安定した Flops が出ています。
IMDT-A の場合は、footprint が 56GB あたりから性能が下がりはじめ、DRAM 容量を超えた 556GB では性能低下が 91%程度に留まっています。
IMDT-B では、556GB の時で 98%程度と、誤差レベルの性能低下はしたものの DRAM 容量を超える 1169GB では 56GB から比較して 98%程度しか性能低下されず DRAM 容量が多ければ多いほど、IMDT で追加した拡張部分のパフォーマンスが低下しにくくなるという結果になりました。

 

 

   資料リンク

 

Optimizing Apache Spark to Maximize Workload Throughput

 

 

Leveraging Intel Memory Drive Technology for In-Memory Data Store & Caching

 

 

 

 

 

 

 

弊社では、科学技術計算や解析などの各種アプリケーションについて動作検証を行い、
すべてのセットアップをおこなっております。

お客様が必要とされる環境にあわせた最適なシステム構成をご提案いたします。

各種カスタマイズ・詳細なお見積はこちらからお問い合わせください。